1. 長島病院 ホーム > 
  2. 診療内容 > 
  3. 歯科

診療内容

歯科

本院の歯科では、地域の患者様への一般外来診療はもとより、入院中の患者様の口腔内状態の安定化を目的とした、口腔ケア、摂食・嚥下機能評価および訓練(食べる機能が低下した患者様のリハビリ)、診療室での一般歯科治療を行っています。
地域の皆様、入院中の患者様の口腔内をキレイに、美味しい物をしっかり食べられる様な環境を作ることを目標とした医療を提供します。
また、岡山大学病院歯周科から常勤1名、非常勤2名が勤務しており、岡山大学病院と連携した診療を行っています。

旧歯科ホームページへ

入院患者様の口腔ケア

何らかのご病気をもつ方や介護が必要な高齢者の方は、自分でブラッシングをすることが困難であることが多く、虫歯や歯周病にかかっている方も少なくありません。そればかりでなく歯を失ってしまったことで、しっかり咬めない方も多くいらっしゃいます。しかしお口の問題は後回しにされるのが一般的で、介護をしている方や、施設や病院の看護師さんなど、そこまで手が回らないのが現状です。

長島病院は一般病床30床、療養病床98床をもつ病院であり、療養病床入院患者の約8割は入院されるまで全くお口の中の問題には手つかずという方々です。このような方の多くは、痰や粘液性の唾液が口蓋や舌に張り付いて取れなくなっています。また特に麻痺をもつ方は、嚥下反射や咳反射が低下することで、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。さらに最近お口の中の細菌や、それによって引き起こされた慢性炎症は、いろいろな全身疾患に影響していることが分かってきています。

口腔ケアにより高齢者の直接死亡原因の上位とされる誤嚥性肺炎や、全身疾患につながる唾液分泌量低下によるドライマウスの予防に役立つことが知られています。

このような様々な状態を改善するため、長島病院歯科では病棟看護師や言語療法士とカンファレンス等により連携をとり、積極的に入院患者様の口腔ケアを行うようにしています。このような積極的な取り組みにより、口腔ケアを行っている患者様の発熱頻度が減少したり、MRSAの感染率が低いなどの多くの成果がでており、学会等で多数発表を行っています。

寝たきりであっても入れ歯を

さらに長島病院ではお口の中を清潔に保つだけでなく、積極的に虫歯の治療や義歯をつくることにより、しっかりお口から食事をとれるようになることを目標にしています。口から食事を食べることは人間本来の姿で、それを支援する歯科の役割は非常に重要です。摂食、嚥下障害のリハビリテーションを地道に行っていくことで、経口食を再開できればQOLは格段に向上できます。

PAGE TOP

Copyright(C) 医療法人長光会 長島病院 All Rights Reserved.